スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊丹市昆虫館

2011. . 20
今年一発目の休みは「伊丹市昆虫館」へ。
緑と水に囲まれた「昆陽池公園」の中にあるのだ~。

出迎えはお化け蜂の巨大模型

CAS7OYP4.jpg

私はあらゆるモノの中で昆虫が一番嫌いです。
前にも書きましたが、嫌いを通りこして怖いのです。
虫が飛んできたら可愛い女の子の様に
キャーキャー言って逃げまどいます。
でも昆虫の造形がとてもとても興味深くて困っています。
めっちゃ「じーーーー」といつまでも見続けたいのです。
なので動かない標本やケースの中にだけ存在する「昆虫館」に
足を運び好奇心を満足させます。

今回の一番の収穫は今までノーマークだった
世界の色んなカマキリ標本の姿の良さを知った事!
これは美術品の様に素晴らしかった。
反射なんかの関係で、うまく写真が撮れなくてとても残念です。
実物はそれはそれは姿も色も配置のバランスも絶妙で
たまらん一品でした。
CALL0KWQ.jpg


そして今まで存在も知らなかったバイオリンの様な虫
CAUAA6DI.jpg
その名もバイオリンムシ

そして古代のロマン漂う姿
ヘビトンボ
アンモナイトの横に飾りたい!
アンモナイト持ってないけど!
CA0AXS8G.jpg

最後は昆虫ではないけど
モズのはやにえの犠牲者達の展示。
色んな方達が枝にブッ刺されていましたが
中でもこのカナヘビさんの姿が一番
さみしげでエレジー漂う一品になっており
思わず撮ってしまいました。

CASPHKIX.jpg

そして昆陽池の周りを散歩しながら
カラスの「申し送り」の声を聞きながら
(日暮れ頃だったので笑けるほど
ギャーすかギャーすか吠えとりました)
帰路につきました。

次ココに来る時には
池の白鳥やアヒル達の人気モノになる為
ええパンを持参する決意。

240px-Koyaike_2.jpg 

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kingyo51.blog9.fc2.com/tb.php/127-dd84732b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。