スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライオンpart2

2011. . 12
子供の頃
「グレート・ハンティング」という
ドキュメント映画がありました。
k13.jpg
後に色々いかさまが導入された作品だったとバレているのですが
その当時は映画の中の「人がライオンに喰われる場面」が
センセーショナルな話題を呼んでヒットしたのです。
私も母親に連れられ難波の映画館に足を運びました。
すると映画館のロビーになんと
檻に入れられた1頭のライオンがいました。

そして「抽選でライオンプレゼント~!」みたいな
事が書かれてありました。

どひゃ~。

ライオンぷれぜんと???

向田邦子さんのエッセイにもありましたが
なんとも・・昔はゆるかったのねぇ~。規制が~。

そのライオンはアントニオ猪木さんのペットのライオンでした。

子供心にも
「プロレスラーはスケールがでかい・・。
ライオンがペットか・・・。
うちの近所のペットといえば薄汚れた雑巾みたいな犬しかおらんぞ」

と感心したことも覚えています。

投票箱みたいな入れ物に
住所やなんやかやを書いた紙を入れるという
システムになっていて
一緒に行った隣の兄ちゃんが
「俺 ほしい!」
と、おバカな事を言い出し
紙に記入しはじめました。


「なに食べさせるん?」

隣の兄ちゃん
「俺、中央市場で働いてるから
マグロのアラいっぱい
もらえんねん、それやるわ!」

母「へ~そ~」

そんな問題ちゃうやろ!
ほんまに当たったらどないするんじゃい!

と今なら思いますが
その当時まだまだ子供の私。

母の目を盗み記入してしまった私。

そのあと数日間
「ほんまにほんま・・当たったらどないしょ
怖すぎるやろ、家にライオン届いたら」

目ん玉が乾燥してとれてしまいそうなくらい
悩んで悩んで不安で不安で後悔して後悔して。

しかし

隣の兄ちゃんも私も
みごと落選したようです。

よかったよかった。






金魚想像図


「おまえんとこ行くでぇ」

いやぁぁぁぁ!!


1490538715_acb90a8a72.jpg


スポンサーサイト

comment

ボタン屋
あかん、大笑いしてもうた。

わたしの笑いのツボのど真ん中にいます、ママは。
2011.02.17 02:33
金魚店主
ボタン姉さん。

またまたブログ見れんようになっとるがな。

どない!どない!

早く再開してください!

でないと自宅にライオン送るで。

くさいで。

犬、喰われるで。

2011.02.17 15:36
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.02.19 15:15

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kingyo51.blog9.fc2.com/tb.php/138-cea0da80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。