スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サバイバル

2011. . 30
サバイバル (1) (リイド文庫)サバイバル (1) (リイド文庫)
(2001/06)
さいとう たかを

商品詳細を見る

巨大地震と大津波にみまわれ世界中が崩壊した地球。
偶然生き残った少年サトルの
過酷きわまる環境の中生きるためのサバイバルがはじまった。

「ゴルゴ13」でおなじみの
さいとうたかを氏のコミック
1970年代に連載されていたものです。
1~16巻まであります。  

狩りを覚え
家を造り
外敵と戦い
何度も死にかけながら
生きる術をどんどん吸収していくサトル。

苦労して住まいや水や快適な?
暮らしらしきものを得る事ができるのですが
そのたび自然現象や外敵や家族を探す為の移動などで
それを失います。
読んでいて「あ~!!」と
力が抜ける瞬間ですが、そのたび
サトルは今まで習得した知恵を駆使し
身ひとつで、もっともっと過酷な
状況や環境の中、生きぬきます。
まさに究極のスキルアップ。

初めはせっかくためた道具や食物が重要に思えたのですが
それは簡単に無くなってしまうもので、
大切なのは知恵と経験、すなわち生きる能力だと気づきました。
失くしても失くしても又造りだし得れる力。

今年の金魚のテーマはこれで決まりです。

「ためる能力」
ではなく
「つくりだす能力」

青少年さま
サバイバルのHowTo本を持って山へ向かうのだ。
まずはカエルを捕獲してさばいて食してみよう。
その為には火もおこせなあかんぞ。
そして飲み水を土からつくりだせ。
ちっちゃな川にもミニ水力発電つくれるぞ。
ありがたい事に知恵はたっぷり書物や
いいつたえで先人が残してくださった。
後は経験をつんで応用するだけだ。

これから先
電気が止まりガスがこなくなっても
「かあちゃん、大丈夫や!俺にまかせとけ!」
こんな事が言えるたのもしい若者になりましょう。

私?
私は~
もう~
ババァやから~
野山でウサギと追っかけっこするのは~
無理なのでぇ~
ひとつよろしく。若人よ。(他力本願)
おばはんはせめて好き嫌いせず
木の中に住む幼虫くらい食べれるように訓練しとくわ。

頑張れ現代のサトル君たち
原子力なんか無くても必ず生きていけるはず。

私達の血のつながった先祖は
昔そうやって生き延びて
今の命までつないでくれたのですから。

この今の日本の状況こそ
ピンチをチャンスにかえる時だと思いたい金魚でした。
いままで黒いモヤモヤした暗い予感しかなかった
危険なエネルギー問題。
クリーンにしたいね。

さて狩りに参加できそうにない金魚は
せめて「おばあちゃんの知恵袋」でも読んで
あまりハイテクに頼らない生活能力でも
身につけるとしましょう。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kingyo51.blog9.fc2.com/tb.php/141-9f21ce41
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。