スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国映画

2010. . 14
<商品詳細を見る

「カル」「箪笥」「4人の食卓」「黒い家」「RーPOINT」「H」「フェイス」「ボイス」「霊ーリョン」「友引忌」「人形霊」「アパートメント」「シルミドの呪い」「グエムル漢江の怪物」「鏡の中」「輪廻」「REC」

「殺人の追憶」「JSA」「シュリ」「チェイサー」「黒水仙」「リべラ・メ」「南極日誌」「リターン」「美しい夜残酷な朝」「オールド・ボーイ」「復讐者に憐れみを」「親切なクムジュさん」「恋愛中毒」「ハッピーエンド」「シルミド」「スカーレット・レター」「ビューティフル」「絶対の愛」「カオマ」「セブンデイズ」「スパイダー・フォレスト」

「大統領の理髪師」「シークレット・サンシャイン」「悪い男」「悪い女・青い門」「ファン・ジニ」

数えてみると43本。

知らず知らずのうちにこんなに沢山の韓国映画をレンタルしていました。

43本中、普通の物語はなんと5本だけ。

後の38本は全部「ホラー」か、限りなく「びびってしまうサスペンス」でした。

どんだけ好きやねん。 

「カル」「箪笥」「4人の食卓」を見てから、すっかり韓国という国の湿った懐かしさにやられました。

あくまでも私が見ている映像が暗いホラーめいたものばかりだからかもしれません。

残念ながら一番人気の韓国ドラマはまだ未見です。

だから勝手に想像上のウラ韓国をさまよい

「湿った」とかほざいていますがお許しください。

韓国のホラー。

においというか音楽とか空気とか・・・。

うっすらと覚えがある既視感?

なにか秘密めいてて

子供の頃見てしまった怖かったりドキドキしたりした

ちっちゃな秘密の出来事の場面みたいなものが 

じめじめぇ~としみてきて

私を限りなくノスタルジーとロマンの世界に連れて行ってくれるのです。

簡単に言うと、めっぽうこわくて、美しく悲しいお話が好きなのです。

ホラーやサスペンス映画にしかロマンを感じられない私は変態とみなされるのだろうか?

アメリカ映画ですが、昔見た「エンジェル・ハート」も若干そんな感じでした。

そんな、とてもこわいお話が大好きな私ですが

今、日本のホラーが昔(私の幼年期)と違って、べらぼうに怖くなってしまい

「ジャパニーズ・ホラー」なんて言う素敵な名前で進化し

おばはんは、びびってしまって画面中央から焦点を外しながら見るという

情けない日々だったのです。

そこへ颯爽と現れた救世主、韓国映画。

「この感じ!!」

飢えていた私は喜んで飛びつきました。

ホラーといっても、どちらかというと心霊ものではなく、

人がらみの心理サスペンスに近いものが好きです。 

そして、その後、ドカンときたのが

「殺人の追憶」

犯罪ものが限りなくいい!

最近の「チェイサー」などは、とうとう映画館に足を運ぶほどに。

実話の映画化がいいねぇ。 


と言う感じで私の韓国映画熱はまだまだ終わり無き旅の途中です。

 

箪笥-たんす- [DVD]

http://www.youtube.com/watch?v=nZtFyPXGkeA

  

箪笥-たんす- [DVD]
(2006/06/23)
イム・スジョンムン・グニョン

商品詳細を見る
カル [DVD]カル [DVD]
(2005/08/03)
ハン・ソッキュシム・ウナ

商品詳細を見る
4人の食卓 [DVD]4人の食卓 [DVD]
(2004/11/26)
チョン・ジヒョンパク・シニャン

商品詳細を見る

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kingyo51.blog9.fc2.com/tb.php/38-b8a61f46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。