スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初恋は坂田

2010. . 16
アホの坂田のテーマ曲
jk3.jpg

 この曲は作詞が吉本新喜劇の脚本家として知られた竹本浩三で作曲が浪速のモーツアルトことキダ・タロー。当時からアホの坂田のニックネームで呼ばれていたコメディー№1の坂田利夫のテーマ曲として昭和47年8月に発売されたのですがその後各地で「坂田」という苗字の子が「アホの坂田」と呼ばれいじめに遭うと言う社会現象が起きTVやラジオでも放送を自粛されるようになりやがて廃番としまったかわいそうなレコード。


このレコード「アホの坂田」は私が小学4年生くらいの時入手したものです。
なれそめは・・・当時、母に連れられ見に行った洋画
スピルバーグ監督の「ジョーズ」でした。
怖くて怖くて震え上がった一本です。
数日間湯船に入れず海では今だに怖くて沖には行けません。
完全にトラウマです。なのに映画館の帰りなぜか??
(多分興奮していたのでしょう)
「ジョーズ」のあの恐ろしいテーマ曲のサントラ盤を買ってしまったのです。
imageCAB18FYB.jpg

その夜から悪夢がはじまりました。

「あの曲がぁぁ!あの恐ろしい曲がぁ! 
あの恐ろし~いサメの入ったあのレコードがぁぁぁ!
ここにあるぅぅぅぅぅ」

なにかとてつもなく禍々しいモノが我が家にある
というわけのわからない妄想と恐怖にさいなまれ
眠れぬ夜を過ごしとうとう何日めかでリタイアしたのでした。

大人になるとわかりました。
この「ジョーズのテーマとてつもなく名曲ね。おそろしくよくでけてる」

そして、その当時仲の良かったゆかりちゃんが
この恐怖のレコードを引き取ってくれることになり
代わりといってはなんですがどうぞ的な感じでこのレコード
「アホの坂田」をくれました。
なんかジャケットを見ただけでずっとはりつめていた
私の心をとかす何かがありました。シンパシー?ふふふ。

母が「あんた、小さい頃ずっとTVに出てる
坂田利夫見て、この人と結婚する~って言うとったなぁ」と。

自分ではあずかり知らぬところで
「初恋の相手はアホの坂田」となっておりましたので
このレコードを渡された時少なからず「ご縁」を感じた小4の金魚でした。

もちろん! 素敵な曲で今でも大好きで3番までちゃんと歌えます


imageCAW8AKZR.jpg
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kingyo51.blog9.fc2.com/tb.php/40-51186691
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。