スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェスロ・タル

2010. . 15
森を散歩していたら

いきなりおってくれたら嬉しいミュージシャン 

ぶっちぎりナンバー1



「ジェスロ・タル」

18世紀の有名な農学者の名前 がバンド名です

一本足奏法とめちゃくちゃな動きのステージングで
「狂気のフラミンゴ」という
わけのわからん異名をとっていたのが
ロックにフルートをもちこんだ先駆者
イアン・アンダーソンです。
このYouTubeはプロモーションなのでおとなしめですが
普段のライブ映像を見ると同じステージに立つ人間には
かなり迷惑な動きをしています。
まさに狂気のフラミンゴか
もしくは泥酔している浮浪者のあんちゃんです。
あまり日本ではおなじみではないので
「あ~この人、見たことあるある!」
なんて思ったら大間違い。
それはきっと故ブルーザー・ブロディーです。


くれぐれも・・・・。
この2人は別人です。

ブロディ氏
Bruiser-Brody-050.jpg


イアン・アンダーソン氏
ian-anderson.jpg
彼のファッションがなかなか森ガール的で素敵なのです。
イメージは中世の田舎ですかね~。


私はよく
「みてみて~このコート、ジェスロ・タルっぽくない?」とか

「お!いいね~そのブーツ!イアン・アンダーソンみたいやん!」

とおもにほめ言葉として森ファッション、サーカスファッションを評価します。

はじめてこのプロモを見た時
「ひぇー!何こいつ!めちゃ笑える!何?この動き~!
きゃぁぁぁ!ぎゃははは」
から始まった恋でした。
おもしろがつて何度も何度もビデオを見ているうちに・・・。
すっかりとりこになってしまったのでした。

彼は何も恐れない狂気のフラミンゴのくせに
魚の養殖を副業とする実業家でもあり
な~んや
はちゃめちゃなロック野郎ではなくちゃんとした堅実なイギリス人やんけ
というところが破滅型男子をこよなく嫌う私のツボにはまりました。


ian-anderson-186385.jpg

Ian_Anderson.jpg 


70年代に出た彼らのアルバムは芝居小屋?ロックオペラ?的な要素もあり
20代の私にはとても不思議な魅力にみち溢れていました。 。
そういえば「ロックン・ロール・サーカス」に 出演してたなぁ。


そして近況

当然毛髪は失われております。

20080806-tull1.jpg 250px-Ian_Anderson_2.jpg








スポンサーサイト

comment

すばる
当然って・・面白すぎます!!!
2010.11.15 09:15

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kingyo51.blog9.fc2.com/tb.php/96-669bb185
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。